...pixelated

greetings from the world where the moon is always full

6/30/2006

ビーチぱーちー

仕事行く前にちょっとだけと思ったらelkaの家でみんな脱いで踊り始めちゃってキノコも生えてきちゃった! このあとIndieちゃんを女子チームで強姦したのが楽しかったです(ウソ)。

3周年記念ビルド


昨日lulyに連れて行ってもらったのですが、SLの3周年記念イベント会場に展示されているユーザー作のアート、すごく面白いのがたくさんありました。しかも、過去のBurning Lifeなどのイベントと比べると、有名でない人の作品がたくさんあったので、新しい発見がたくさんできました。始めたばっかりなのにすごい飛行船を作ってる人がいて驚いたのですが、やっぱり3D Maxとか使ってる人で、テクスチャをプリベークしたりもお手の物みたい。
もちろん、そういう現実での経験値がある人の作品だけじゃなく、単純だけどすごいアイデアみたいなのもたくさんありました。消されてしまう前に遊びにいってみてはいかがでしょうか。

神の手

近頃物議を醸しておるSecond Life God Mode v1.0ですが、LLのCEOフィリップからもお墨付き(というか「まーしょーがねーんじゃね?」的)発言が出ていた模様です。

何をするものかというと、
  1. カメラをアバターから切り離して自由に動かすことができる。(for田代まさし?)
  2. アップロードすることなしに、自分のHD上のTargaファイルをSL内でプレビューすることができる。(デザイナー&ビルダーにとっては超便利)
  3. デバッグモードやログに追加機能。(メインランドの土地管理者に便利)
  4. マクロ機能。Photoshopのアクションみたいなかんじかな? (altをNPCにしたりいろいろ使えそう)
  5. Snapshotをとってもシャッター音がしない。(日テレ社員向け機能?)
  6. アイドル状態が続いてもAwayになったり強制ログオフがない。(別画面での作業&トラフィック稼ぎに便利っぽい)
などなど、主にLinden専用のクライアントの機能が使えるようになってるということらしいです。ハードディスクにインストールするアドオンタイプのソフトで、Windowsオンリー(なので私には関係ないです)。個人的に1は大きなものビルドするとき便利そうだし、2もテクスチャつくるのが楽になりそうだし(Photoshopで見るのとSLで見るのとではかなり違うので)、3もMaHoのラグ対策に役立ちそう(Private Simなら何が原因なのかEstateツールでわかる)。

作者は伝聞によるとかなりまともな人らしいので、バックエンドに変なもの仕込んでたりということは可能性は低そうです。リリース前にLindenの承諾も取り付けて、悪用される危険性の高い機能は除いたということですが、フレンドに登録していない人でもMapで追跡できたりという、想定外の機能が入っていたりして、そのフィックスはLLのアップデートに頼るほかないということです。

議論になっているのはリバースエンジニアリングの是非という倫理的な問題で、実際のところ完璧にToS違反なのですが、LLはもともとSLを将来的にオープンなものにする予定(ユーザ個人のサーバでのシム運営、サードパーティーによるクライアント開発等)なので、あまりMS的に厳しくびしびし取り締まらずに、曖昧になま暖かく見守ろうという姿勢のようです。これまでも明らかにリバースエンジニアリングの成果と見られる製品やサービスは出回っていて、LLもそれらを黙認してきたのですが、人が爆発的に増えるにつれ、このままではあまりに性善説すぎやしないかなという懸念も感じたりします。

消えたPvPレポートその後

PvPレポート機能が消えたので、突然撃たれたり視界の外から攻撃されたりしても犯人の名前がわからなくなったという問題について一昨日書きましたが、Linden側からその対応策としてシールドが提供されたようです。
ここで ゲットできるほか、フリーなのでIMしてくれればお渡しします。ただしこれもサーバのリソースを食うスクリプトだということなので、危険性の高い場所でのみwearすることが推奨されています。有志のユーザがorbitにも対応するもっといいのを作ってくれているということなので期待。

どうやらLL内部でも、in-worldで多く時間を過ごす人と過ごさない人の間で、昨今のgriefing被害増加については意見が割れているようです。なぜPvPレポート機能がなくなったかというと、混雑した場所でぶつかられたり、軽いPushを利用する無害なオブジェクト(例:私も持ってる飛び込み台やバナナの皮)を使ってもこの機能が反応してしまうので、それをわけもわからず提出してしまう人のせいで意味のないレポートの数が莫大になりすぎて処理が追いつかなくなったということらしいのですが、代替策を用意する前に機能だけ取り去っちゃうのはどうなのかしらと思います。でも、場つなぎ的とはいえ対策を提供してくれるLindenがいることが心強いですね。

ブログの趣旨としてSLのニュース的なことを日本語で提供するのがいいかなと思ったんですけど、そうするとなんかネガティブな話ばっかりになっちゃう気が。ううう。

6/29/2006

2D Hair


Nylonちゃんがようやく売りに出したヘアジーンズやばい。まじやばい。elkaも書いてるけど。あとおしゃれ服が少なくて嘆いてる男子のみなさんは、これちぇきすれ。

6/28/2006

1.10.5

げこちゃんを突然撃ってきた馬鹿者をFreezeしていじめようとしたところでグリッドが落ちました。水曜恒例のアップデートです。今回の目玉は、プロフィールの変更。
*** "No Payment Info on File" - account was created with no credit card or Paypal
*** "Payment Info on File" - account has provided a credit card or Paypal
*** "Payment Info Used" - credit card or Paypal on account has successfully been billed
クレジットカードやPayPalアカウントなど、個人情報とSLアカウントがリンクしているかどうかがわかるようになります。将来のアップデートではこのステータスを元に、土地の管理ツールでアクセス制限ができるようになるとのことです。

個人的にはすごい微妙。MaHoは、別にものを買ってくれなくてもぶらぶら楽しんでもらえる場所を目指しているので、とりあえず新アカウントだからといってBanすることはできません。住居用にシェアしているPrivate Simでは、もしgrieferに悩まされるようであればこの機能を使うかも知れませんが、普通の新アカウントの人からすれば感じ悪いですよね。悩めるー。

Robin Lindenのブログによれば、これに加えてさらにToS(利用規約)の変更も行われるようです。その内容は、今回のアップデート以降、LLはユーザーのIPやMACだけではなくハードウェア情報も収集して、それを個人特定のために用いることができるというものです。その情報にアクセスできるのはLL社員のみで、社員も暗号化されたものしか見ることができません。
さらに新登録システムで問題になっていたのが、TG(ティーングリッド)に出没する大人、MG(通常グリッド)に忍び込む子供の増加なのですが、これに関しては、TG登録時に「おめーもしそんで大人だったらどうなるかわかってんだろーな通報すっぞコラ」という脅迫メッセージが出るようになるというだけの模様です。とほほ。

対策の実効性はさておき、LLの素早い対応には拍手を送りたいと思います。俺ポジティブ。

でも気になるのが、Report PvP Abuse機能がなくなること。突然見えないところから撃たれたりしたときは、自動的に犯人の名前が表示されるこの機能が役に立つのにな。まあでも以前も、2シムとか飛ばされる強力なPushだった場合、シムのサーバが、撃たれたことを処理する前にシムを出たことを処理してしまったりして正常に表示されなかったので、同じことといえば同じなんですけどね。

悪魔の毒毒ニュービー since 666

MaHoRoBa移築のためにメインランドで過ごす時間が多いせいか、最近やたらと生まれたばっかりのニュービーさんたちに出くわします。彼らに共通するのは挨拶をしないこと。無言で周りを延々とウロウロされたあげく、こちらから声をかけると消えてしまいます。いきなりPushウェポンで攻撃してくるのもいますが、その手のは速攻ARしてBanするほかにどうしようもないのでかえって気が楽です。

06年6月6日以降、新規アカウント登録にクレジットカード等の身分証明がいらなくなってから、おそろしい勢いでアカウントの数が増えていますが、同時にgriefing(嫌がらせ)行為に悩まされている人もものすごい勢いで増えているようです。実際のところ、メールアドレスも年齢も適当でオッケーなので、お子様が大量流入していらっしゃることが考えられますし、Banされても速攻で別アカウントを作って戻ってこられるので、一度変なのに見込まれたら大変そうです。特にFurryや同性愛者の集まるシムがひどい攻撃にさらされているようです。

ユーザーからLLへの提案を受け付け、同意する人が投票もできるVOTEのページにも登録システムを以前のように戻してほしいという提案が寄せられ、1日で3000票を超える支持が寄せられました。で、LLもその提案をAcknowledgeしたのですが、その内容はというと、登録に身分証明が必要なシステムに戻すということではないようです。クレジットカードなどの個人情報とSLのアカウントを結びつけている人といない人をプロフィールなどで判別し、土地から後者をBanできるなどの機能を付加するということなのですが……なんというか、まあ、うん。

3周年記念パーティーでのCEOのスピーチでも、SLをよりオープンなものにすることで広がる可能性の方に目を向けようじゃないかという話がされたようですが、その場には新システムに抗議するデモ隊が来ていたようです(Pierceの動画@YouTube)。その上、フィリップのスピーチにタイミングを合わせたように、データベースがダウンしてFindその他が使えなくなったり。今度のフォーラムの件もどうなんでしょう。ご新規さんの嫌がらせ行為なのか、古株の抗議のクラッキングなのかはしりませんけど。

というわけで、なにやらキナくさい今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。私はそんなことよりPCが過熱して指が熱いのが悲しいです。I hate 夏。

teh forums are back up

ずっと落ちてた公式フォーラムが再開したみたいですね。vBulletinの古いバージョンが使われているので、その脆弱性を利用してクラックされたようです。Torleyのアカウントで変な投稿したり。再開してもvBulletinのバージョンは元のまま。困ったものです。

test 2

画像アップロードのテスト。elkaが作ったTシャツの広告。俺らがモデルやってます。

6/27/2006

Test

るりがMaHo用のブログをつくったのをきっかけにちょっとなんか書いてみようかとおもいますた。